オタクOLのつぶやき日記

ドールやゲーム、アロマや手芸にも手をだしオタク趣味貧乏なアラフォー薄給OLのつぶやき日記
ゲーム専門の別ブログあります
http://plaza.rakuten.co.jp/kanon55/diary/201606120000/

結婚について

皆さんアラサーになると婚活とか焦ってきますよね。


私も昔、アラサー時代に両親からむちゃくちゃハッパかけられました。


特に妹が結婚してから「お前もいけるんでね?」みたいな感じでむちゃくちゃハッパかけられたのは強烈に覚えてます


そこで親のいうとおり婚活しとけばよかったどうかは謎ですが…。


私本当にどうしてもその時結婚に興味なかったんですよね。


むしろ結婚したくない…みたいな。


そこそこ生活できて趣味も充実しててもう私このままひとりで平々凡々に生きていけたら

それでいい…みたいな。


今思えばむちゃくちゃおごってたんだと思うのですよ。


それまで人生の最大の失敗は自動車学校の仮免ぐらいだったのでこれからも順風満帆だと信じて疑わなかったのです


それに本当にあんまりその時まで恋愛というか男に興味がなくて母親が一時悩んでたそうです。

「このこもしかして女に興味があるのでは…でもそんな感じじゃないよねぇ」

みたいな…



…とういうか、転勤族で引っ越しするたんびに何故か男にばっかいじめられてたので、今でもあんま男は好きじゃないのです。


男にいじめられるのが嫌で女子高に入ったもんだし。



でも決して百合気があるわけでもなし、どっちかてと人よりも動物とかパソコンとかの方が好きなちょっとかわったこだったのですよ



今でいう中二病とかあんな感じなのかな…


本当申し訳ないのですが、高校、短大行かせてもらって友達はそれなりいたのですが、あんまり人に関心がなかったので、本当あの時代は数えるくらいしか名前覚えてないのです



それよりも近所の歴代のワンコの名前の方がよく覚えてるんでね…みたいな。



それでなんでいきなり恋愛ごとに興味もちはじめたのかというと大きな病気したときにむちゃくちゃ心ぼそかったんですよね


こんな時誰かそばにいてくれたらいいなぁとその時になって痛感したのです。

皮肉なことに病気して持病もちになってからは両親は結婚に関しては一言もいわなくなりました。



まあでもそれでよかったんじゃないかと今は

思ってます。



もともとあんまり興味なかったものですし、

リアル恋愛してた時だって終わり頃はあんまり結婚したいとは思わなかったし、


ただ、死ぬ時や病気したときは子供もいないし寂しいだろうなと思うけど、

そこらへんひとりでいるのなら覚悟しとかないとなと思うのですよ。

ペットは寿命考えて飼わなきゃあとが可哀想だしね

あと親の介護ですね。

今いっぱい支えてもらってるんで精一杯お返ししなくちゃ




どっちかてと今は婚活より終活の方が気になるのです


やっぱり変かなぁ